katsuragawa.net
その日の出来事を思いのままに・・・。 目標は『無理せず、こつこつ、ひっそり更新。』   by FC桂川代表
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
へこむ。
やべぇ。

予想以上のダメージ。


へこむ。。。


ただただ、自分の無力さを痛感する。


選択は間違ってない。

そうは思えど、百パーセントがない以上は…。


うん。


ただただ、なにもしてあげれなかった自分にへこむ。。。
スポンサーサイト
きっつい

あぁ、きっつい。

もやもや、いらいらがとまらない。


方向性が違うとこんなにも・・・




目的を隠して行動すんなよな。。


くそぅ。

2016年1月


元旦早々、おっきく負けるも途中はプラス域へ。
調子にのって、打ちたいの打ってたらマイナス域へ。

反省である。
ただただ、反省である。



くそぅ。
てすと
あー。
あーーー。

おっ!
ログインできた!!!

ひゃほ!


一年間、パスワードわからず、ログインできなかった。。。
新しいスマホに変えて、なんだかんだでログインできた!

よし、更新頑張ろう。

いまさら誰か見てるのか?
脳みそパカッ!
いやぁ、久々の感覚。

脳みそパカッ!


そう。

とある試験の問題が

予想以上に漢字だらけだった件である。




ほぼほぼ一夜漬けで挑んだ今回の挑戦、
悪くても3割くらいは確信もって解答できると思ってたけど、世の中そんなに甘くはなかった。。。

消費税くらいしかわからんかった。。。


そう、一割弱である。

消費税と思えば高いパーセンテージも、
試験の回答率と思えば激低である。



あとは5択を3択に絞った程度

経験上、これはあかんパターンのやつ。



あー、びっくりした。

自腹で受けといてよかった。

アタマ痛い…。
久々、あんなに漢字みたわ(笑)


後日の結果で設問ごとの正答率もわかるから、それ次第で、リベンジマッチの費用は会社に出してもらおうかな。


とりあえず、ゆっくりしよ。
寝よーっと!



京劇閉店
京劇が閉店したらしい。

そう。あの、京劇。

三条河原町のあの京劇が閉店…。

僕が浪人時代に1日で71G投げた、あの京劇が閉店。

1000円投げ放題の時に、若さに任せて投げまくったあの京劇。


残念ですね。
これもまた時代の流れ。

とりあえず、最後は閉店セールということで1G100円で営業してたそうです。


みなさん、いきましたか?



拝啓、京劇ドリームボウルさま

あの日、1000円で71Gも投げさせて頂いたことは、僕にとってかけがえのない経験、そしてとてもいい思い出です。

あのとき鍛え上げられた右腕で、僕は日々レバーを叩いております。

そう、そんな日々だから
正月早々に80,000負けました。
最悪のスタートです。

でも翌日に95000勝ちました。
あざーす!
そしてなんだかんだで、
今年は5000枚越えがすでに4回。
収支も給料分くらいは出ています。


それもこれも、あの時の71Gがあったから。

あのときに鍛え上げられた右腕が、なかなかのヒキを見せてくれるんです。


僕の右腕が健康であり続けるかぎり、
ぼくは京劇を忘れません。
ありがとうございました。


そしてまた、僕が五体満足で健康でいるのも、両親のおかげ。

“産んでくれてありがとう”

そんなことをいうつもりはないが、

“健康に産んでくれ、決して立派には育ってませんが、育ててくれてありがとうございます”


しみじみ。

うん。
資格試験を受けるの巻
試験があるから勉強しないといけないのだが…、まったくやる気がなくなっている件。


11月があまりにヒマだったから、11月末に仕事の合間に本を買って勉強を始める。

とある資格の本。


12月中旬の試験を申し込もうと思ってたら、もう枠がいっぱいだった。
それに気づいた12月上旬。


というわで、1月16日の日程で試験を受けることになった。


もちろん僕もバカではない。
一ヶ月以上先の試験を必死に勉強しても、どうせ忘れるし、続かない。


というわけで勉強は一旦、ストップ。




そうこうするうちに、もう試験二日前。


うん。


パチンコばっかりしてて、まったく勉強をしていない。


うん。
困った。


ま、いっか。
会社のお金で受ける訳じゃないし。
ていうか、もはや試験を受けに行くことすらめんどくさいレベル。。。


あぁ、ダメなパターンなやつや。


前日に頑張って一夜漬けで受けようかな。
自称天才だからいけるかな。


試験は5択のマークシート方式。
6割とれれば合格。

理論上は受かるハズ。
作戦は下記の通り。


まず、問題の3割は自力で解く。
これで得点率30%。


そして問題の3割を、2択まで絞る。
そうすると、ここでの得点率は15%。

で、残りの4割は頑張って3択まで絞る。
あとは、えいっ、やー、そいっ!!!
えんぴつを転がして3択を頑張って当てる。
これで得点率13.3%。


全部足したら、ほら!

58.3%




ちょっと足りない。。。


でも、大丈夫!!

こんなときのために、奥の手が!



そうっ!
あとは確率の誤差がいい方に転ぶことを祈る。


そうっ!!
神頼み。運頼み。


神様信じないけど、こういう時だけ神頼み。


もし受かったら、それはぼくの実力である。

選挙(投票率の低下について)
投票率が 投票率が過去最低を記録したらしい。


こんな僕がこのようなテーマについて真面目に論じるのはおこがましいのだが、思うことがひとつ。


まず、前提として…
少ない知識と情報を、勝手な認識で書いてます。
真剣に読むと馬鹿を見るので、お暇な人だけどうぞ。



自民党の圧勝と投票率が過去最低を記録したことについて報じるメディア。


そう!

若者の選挙ばなれが進んでいると
メディアの多くは報じているのである。

果たして投票率が過去最低だったのは、本当にそれだけが原因なのだろうか。


少ない脳ミソと、ひねくれた心で、自分なりに考えてみた。


その結果、思いついた仮説がひとつ


それが、これ↓

そもそも選挙に行けない高齢者が増えてるんじゃない!?



若者の投票率も下がってると思う。
けど、それと同じくらい高齢者の投票率も下がってるんじゃないの?

で、結果として全体の投票率が下がってるだけなんじゃないのか。


気になるので、自分なりにパソコンで
調べてみた。


その結果…



難しい資料ばかりで、めんどくさそうなので断念。この仮説についての真偽は謎のまま。


さっ、寝よっと。
石原さとみが止まらない
やべぇ。やべぇ。

石原さとみがとまらない。

やべぇ。やべぇ。


やべぇ。やべぇ。
函館という街

ダチョウ倶楽部の偉大さを再認識した街、函館。



函館朝市やベイエリアの金森赤レンガ倉庫、そして、五稜郭などスポットいろいろ。


五稜郭…星形のカタチをした城郭

そのすぐ近くには展望台があって、それに登れば五稜郭を上から見渡せる。
とはいっても、その光景はガイドブックにもきれいな写真で載っている。



こんな感じ。

すげー!星形!!

とは思うけど…。


こういう写真をみた以上、タワーから五稜郭を眺めたところでそこに新たな感動はきっとない。

つまり、そのタワーには840円を支払う価値はない(個人的見解)。
という、完全に冷めた視点でタワーはスルー。


ガイドブックの写真を見ず、なんにも知識のない状態でタワーに登り、見下ろせば、たぶんテンションあがる。

でも、違う。。。

上から見える光景は、きっと予想通りの光景で、そこに新たな発見や感動はない。たぶんね。たぶん(個人的見解)。
だから、スルー。


そういう意味でいうと…



押すなよ!

押すなよ!!


絶対に押すなよ!!


…。


その先の展開は、誰もが知っての通り。


でも、見たい。

ていうか、見てしまう。


タダやから?
ん~、どうやろ?

あ、違うね。

パターンが複数あって、おもしろいから。


“押すパターンのやつ” そして、そこから派生した

“押さないパターンのやつ”


そこからの 『押せよ!』 が好き。


プロフェッショナル。
professional


すごいね、ダチョウさん。



てか、金いらんかったら、タワー登ったかなぁ?

一応、せっかく来たし…的な感じで
登るかな。うん。

あ、やっぱり星形や!!
っていう、単なる確認作業やろうけどね。
んま、階段やったら間違いなく登らない。
うん。


というわで、五稜郭に行って感じたこと


それは

ダチョウ倶楽部はやっぱりすごい。


ということ。
ただそれだけ。


ダチョウ倶楽部のすごさについてはWikipediaの『主なギャグ』のとこを見てください。
ダチョウ倶楽部 Wikipedia

一応…
五稜郭は1866年に北方警備強化のために造られたけど、数年後には落とされ、占拠されたらしい。
おしゃれだけど実用性に欠ける、現在で言うデザイナーズ建築みたいなもんである(個人的見解)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。